ソフトウェアテストの5つのステージにおける自動化のメリット

テストはビルドの過程を通して実行される継続的なプロセスですが、課題や要件、アプローチを提示する特定のテスト段階があります。
各段階の個別の要件を理解することにより、シームレスでより効率的なテストプランを作成できます。

非常に多くのタイプのテストがあるように感じられますが、この記事では、テストの5つの主要なカテゴリをまとめ、DevOpsでの自動化が各ステージの達成にどのように役立つかを説明します。

インテグレーション・テスト

インテグレーション・テストはテストの最初の段階であり、通常は変更を担当する開発者がおこないます。

これにより、変更がより大きなアプリケーションにインテグレーションされ、テストの次の段階の準備ができていることのテストとして機能します。

インテグレーションにより、2つ以上のコンポーネントが相互に機能し、適切に通信できるようになります。
インテグレーションは、バグや問題を見つけて修正するための最も早いチャンスです。
終了までインテグレーション・テストをおこなわないことは、ソフトウェアに非常に大きな影響が生じ、回避可能だった問題を修正するために開発者の時間とエネルギーが必要になる場合があります。

一般的に、プロジェクトの複数のコンポーネントで同時に作業する複数の開発者がいます。
インテグレーション・テストでは、すべてが完了していなくても、コンポーネントが相互にどのように作用するかをテストできます。
これは、問題を早期に特定し修正するために非常に有効です。

インテグレーション・テストの自動化により、バグや停止を継続的に特定および修正できます。さらに、リリースを一括して管理できるユーザーダッシュボードを参照することで、誰が何を停止の要因にしたかを簡単に判断できます。

ダッシュボードを使用することで、ターゲット環境、デプロイ履歴、メモ、マイルストーンなどの表示も可能です。

機能テスト

機能テストは、必要なすべての機能が正式なテストスクリプトを満たしていることを確認し、ソフトウェアの品質を判断するために実行されます。 ソフトウェア開発が開始される前に、ソフトウェアがユーザーのニーズを満たしていることを確認するために、要件のさまざまなリストがドキュメント化されます。


つまり、機能テストはすべての機能をテストして、ソフトウェアが適切に動作していることを検証します。このテストの詳細については、DZoneの記事(英語)をご覧ください。ソフトウェアが問題なく動作するのを確認することに加えて、ソフトウェアは複数のシナリオを実行して、ソフトウェアが機能することを確認します。

さらに、機能テストが完了すると、テストの結果が環境から予想される結果と比較されます。このタイプのテストが実行されない場合、機能の不具合は、ソフトウェアがデプロイされるまで認識されない場合があります。この場合、ソフトウェアはプロセスの最後に修正される必要があり、余計なコストと時間が発生します。

このプロセスを自動化することで、機能テストの効率が向上します。手動テストでは、いくつかのシナリオを通じていくつかの機能をテストするには、使用可能なリソースよりも多くのリソースが必要になる場合があります。このプロセスを自動化することにより、パイプラインにて、適切なシナリオと機能を通じて各機能が適切にテストされます。

受け入れテスト

受け入れテストは、エンドユーザーのニーズに合った正しいソフトウェアが作成されたことを検証する方法です。 機能テストはすべてが正しく機能することを確認しますが、受け入れテストはユーザーの満足度を確認するために行われます。


受け入れテストでは、考えられるすべてのシナリオでソフトウェアをテストするのではなく、発生する可能性が最も高いシナリオでソフトウェアをテストします。これは、エンドユーザーが製品を使用しているときに、問題にぶつかることなく使用できるようにするためです。最も重要なことは、ソフトウェアが意図したとおりに動作するのを保証することです。

このテストが完了していない場合、障害のあるソフトウェアがエンドユーザーに届けられる可能性があります。ソフトウェアのすべての機能は正常に動作しているが、ユーザーのニーズを満たさない場合、それは正しいソフトウェアとは言えません。

自動化されたテストでは、ソフトウェアを2つの異なるパスに送信できます。 1つのパスは、ユーザーがすべてを正しく完了し、ソフトウェアが適切に実行される理想的なシナリオです。別のシナリオでは、何らかのエラーを設定します。たとえば、ある必要なフォームへの入力を忘れているなどです。このテストでは、ソフトウェアが理想的とは言えない状況でどのように動作し、どのように修正できるかを確認します。これはエンドユーザーのニーズを満たしていることを確認することに加えて、ソフトウェアの挙動にユーザーが満足することを保証するのにも役立ちます。

品質テスト

機能以外のすべての要件が満たされていることを確認するために、品質テストはおこなわれます。 非機能テストの目標は、製品の信頼性、使いやすさ、および保守性を高めることです。 品質テストでは、ソフトウェアの全体的な動作ではなく、システムの動作に注目します。 Guru99の記事(英語)では、品質テストのすべてのパラメーターをきれいに分類しています。


品質テストは、エンドユーザーの満足度に直に影響するため、機能テストと同様に重要です。 品質テストは測定可能である必要があります。 品質テスト後には、インストール、管理、および監視プロセスを強化する必要があります。

品質テストが完了していない場合、エンドユーザーが新しいソフトウェアの使用を開始する時に大きなフラストレーションが生じる可能性があります。 品質テストの1つの例としては、一度にポータルにログインできるユーザー数が挙げられます。 例えば、品質テストが行われず一度に2人しかログインできない場合、エンドユーザーが不満になり、開発チームは修正を急ぐことになります。 品質テストは、デプロイ前に全ての非機能要件が満たされていること確認します。

品質テストには多くのコンポーネントがあります。 手動作業では、これは非常に時間のかかる主観的なプロセスになる可能性があります。 このタイプのテストを自動化すると、ソフトウェアをエンドユーザーにデリバリーする前に、あらゆる側面が適切にテストされ、適切に対処されます。

ステージングテスト

ステージングテストは最後におこなわれるタイプのテストであり、ソフトウェアのデプロイ準備が整った時に完了される必要があります。 ステージングテストでは、運用環境と一致する環境にソフトウェアをデプロイできることを検証します。


ステージングテストでは、ソフトウェアがデプロイされる実際の環境に最も近い環境にソフトウェアがデプロイされます。 つまり、構成とリソースは、ステージング環境と実際の運用環境で一致する必要があります。

これは、実際のデプロイのための最終テストとして機能するために重要なステップです。 デプロイのステージングは、開発者が実際のデプロイで発生する可能性のあるエラーや問題を確認し、それらが事前に修正されていることを確認するのに役立ちます。

このタイプのテストを完了しないと、実際のデプロイで大きな問題が発生するリスクがあります。 デプロイをステージングすることで解決できた可能性のあるエラーや問題の修正は遅れがちです。


Inedoのツールはこれらのテストをより簡単かつ確実なものにし、プロダクトの信頼性を高めます。

テストは、ソフトウェアデプロイプロセスの重要なパートです。 これは骨の折れる作業のように思えるかもしれませんが、プロセスを自動化することで、テストを整理し、実行をシームレスに保つことができます。 自動化された環境では、リリースが一元管理され、対象となる環境、デプロイ履歴、メモ、マイルストーンを確認できます。 これにより、ソフトウェアがステージングの準備ができていることを確認できます。 ステージング環境を自動化すると、環境に必要なすべてのコンポーネントが正しい状態であり、テストが適切に実行されたことを確認できます。

全てのタイプのテストは、上記のカテゴリの1つ以上に属しています。 5段階のテストのいずれかまたは全てで自動化がどのように役立つかについての詳細は、お気軽にお問合せください。

Leave a comment