グラレコ紹介 from Agile Japan スポンサーセッション

7月18日に開催され、例年を上回る大成功をAgile Japan 2019
様々な新しい試みが導入されていましたが、その一つにグラレコ(グラフィック・レコーディング)がありました。

ランチタイムには、全スポンサーによる各40秒の自社紹介セッションがメインルームで設けられましたが、その様子も全てグラレコ化がおこなわれ、Inedo Japanの自社紹介も素敵なグラレコとしてご提供頂きました。

グラレコとは…
主にカンファレンスやmeeupのセッションなどでおこなわれる、リアルタイムのまとめ作成です。
タブレットなどを使用し、セッションを聞きながら、その要点をイラストを多用しつつ、視覚的に理解しやすい状態にまとめていきます。
下記のアジャイルポエム様の記事で、具体的にどのようなものかがご理解頂けるかと思います。

今回のAgile Japan 2019にて、スポンサーセッションのグラレコをご担当頂いたのはたかのあきこ様​。

#agilejapan 10番inedo様、日本にもDevOpsを根付かせたい!

↓noteによる全スポンサーセッションのグラレコはこちら↓

40秒という短時間に多くの情報が詰まったセッションを、かわいらしいイラスト付きでリアルタイムにしっかりとまとめていくその技術は驚異的です。
弊社のセッションの様子も伝えたかったことが全て視覚化され、また私の外見も実物よりも素敵にデフォルメして頂けました👍

人間が獲得できる情報量のうち、聴覚からが1、2割に対して、視覚からは8割もが得られると言われます。
グラレコを通してセッションを視覚化することで、あらゆる情報がよりクリアになることを今回は実感しました。

たかのあきこ様、素晴らしいグラレコをご提供頂き、誠にありがとうございました!

Leave a comment