BuildMaster
CICDとリリース
自動化・管理ツール

BuildMasterは、レガシーを含む、あらゆる環境に対応した継続的インテグレーションツールです。テストや、本番環境への導入に関連するプロセスを自動化し、コマンドラインではなく、GUIで管理できます。無償版と、カスタマーサポートを含む有料版があります。

BuildMasterの機能
CTO、DevSチームやOpsチーム向けに、BuildMasterの機能を紹介します。

複数のチームがそれぞれのアプリケーションを管理し、それぞれの環境にデプロイできるようにすることで、セルフサービスのリリース管理プラットフォームを構築します。

BuildMasterの設定は、スクリプトやXMLベースの設定ファイルとは異なり、すべてUIから行います。主要なウェブアプリケーションはWindowsのみですが、BuildMasterはWindowsまたはLinuxベースのサーバーをオーケストレーションし、様々なビルドとデプロイアクションを実行します。BuildMasterはPowerShellとの連携もしっかりしており、他のDevOpsツールと一緒に使用されることが多いです。

ビルド
ビルド自動化

現在のスタックを置き換えることなく、グリーンフィールドプロジェクト、レガシーアプリケーション、マイクロサービスなどをビルドできます。

テスト
テスト自動化

単体テストの自動化、静的分析ツールとの統合、レポートの作成などを特徴とする本格的なCI。

パッケージ
パッケージ化

シンプルなZIPファイルからクラウド内の複雑なコンテナーオーケストレーションまで、あらゆるデプロイメントターゲットのビルドアーティファクトを作成および管理します。

デプロイ
デプロイ

WindowsまたはLinuxサーバー、VM、コンテナー、Kubernetesクラスター、クラウド、メインフレーム、モバイル、またはPaaSにソフトウェアをデプロイします。

検証
検証

ゲートされたイシュートラッキングとの連携、手動のユーザー承認、展開ウィンドウ、および自動チェックにより、完全なCI / CDパイプラインを実施します。

リリース
リリースカレンダー

予定日、リリースノート、修正プログラム、ロールバックを管理することにより、予定どおりのリリースをサポートします。

無償版をダウンロード

無償版も基本的な機能は全て備え永久無料です。

サーバーにインストールすれだけで、5分から10分で利用できます。

デモを依頼

CEOのAlexによるリモートのライブデモをご希望の方はこちら。

お問い合わせ

製品に関する問い合わせなどは、こちらからご連絡ください。

お問い合わせ
ブログ
DevOpsDays Tokyo 2020 Cancel
13 3月: 感染症によるDevOpsDays Tokyo 2020キャンセルのお知らせ

新型コロナウイルス感染症の影響により、4月に開催予定のDevOpsDays Tokyo 2020はキャンセルされました。
カンファレンスの詳細につきましては、こちらを参照下さい。

参加をご検討いただいている皆様には大変恐縮でございますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。