Otter
サーバープロビジョニング
と構成管理ツール

Otterは、コマンドプロンプトにログインすることなく、自動でサーバーのプロビジョニングと設定が可能。サーバーの設定変更を継続的に監視、ドリフトを自動で修正し、ブラウザからこれらの設定、状態、変更履歴をチームと共有できます。

Otterの機能
CTO、DevSチームやOpsチーム向けに、Otterの機能を紹介します。

Otter は、Infrastructure as Code(IaC)の見える化・自動化・管理を実現する構成管理・プロビジョニングツールです。

Otter なら、コマンドプロンプトにログインすることなく、自動的にサーバーのプロビジョニングと設定ができます。ロールと呼ばれる再利用可能な構成を定義し、これらのロールを任意の数のサーバーに割り当てるだけで、インフラストラクチャを拡張できます。

Otter は継続的にサーバの構成の変更を監視し、構成ドリフトやスノーフレークサーバーを報告・自動的に不一致を修正したり、必要に応じて修正やその他の設定変更をスケジュールできます。

Otter の Web ベースのダッシュボードからすべてを管理でき、他のチームにコントロールを与えることなく、また OtterScript の学習を必要とすることなく、サーバーの設定、状態、変更履歴を選択的に他のチームと共有できます。

もちろん、Otter は Inedo の CI/CD ツールである BuildMaster とシームレスに連携し、最適なDevOpsツールチェーンを提供します。

プロビジョニングと
構成を自動化
サーバープロビジョニング

Otterは、コマンドプロンプトにログインすることなくサーバーを自動的にプロビジョニングし構成します。再利用可能な一連の構成(ロール)を定義し、これらのロールを任意の数のサーバーに割り当てるだけでインフラストラクチャを拡張できます。

構成管理と
エラー処理の自動化
構成ドリフト

サーバーの構成や設定が時間が経つにつれバラバラになる「構成ドリフト」を管理、自動解決するなど、Infrastructure as Codeでのインフラ構築・運用にありがちな問題を解決。

サーバーの
見える化
サーバー見える化

OtterのWebベースのダッシュボードからすべてを管理し、サーバーの構成、状態、変更履歴を他のチームと選択して共有できます。

これにより、スノーフレークサーバーなどの問題を防げます。

無償版をダウンロード

無償版も基本的な機能は全て備え永久無料です。

サーバーにインストールすれだけで、5分から10分で利用できます。

デモを依頼

CEOのAlexによるリモートのライブデモをご希望の方はこちら。

お問い合わせ

製品に関する問い合わせなどは、こちらからご連絡ください。

ニュース
DevOpsDays Tokyo 2020 Cancel
13 3月: 感染症によるDevOpsDays Tokyo 2020キャンセルのお知らせ

新型コロナウイルス感染症の影響により、4月に開催予定のDevOpsDays Tokyo 2020はキャンセルされました。
カンファレンスの詳細につきましては、こちらを参照下さい。

参加をご検討いただいている皆様には大変恐縮でございますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。